結婚式似顔絵ウェルカムボードのスタジオゴクウ

豆子ちゃんのハワイ滞在記-2

CHAPTER.2 ホノルル到着日(9/28)

日本とホノルルとの時差は19時間、日本を夜10時に出発して、7時間のフライトを経てホノルルに到着すると、ローカルタイムで朝の10時になります。つまり、日本での昨日(9/28)をハワイでもう一度やり直すことになるんですね!
空港でホテルに運んでもらうスーツケース等を預け、バスに乗り、説明会のあるアロハタワーまで約15分くらいかな。バスから見る風景、背の高い椰子の木や、明らかに日本では見ることのできない、空と雲の鮮やかなコントラストをこの目で見ると、だんだんと実感が湧いてきます。ホントにハワイに来たぞぉ~~~!となりのごくうくんも興奮気味。やはりデジカメで撮りまくっています。
アロハタワーでは滞在中の簡単な説明と、借りることになっている携帯電話の受け取りなどをして、あとは解散。しかし日本人が多いなぁ・・・。
予定では、その足で観光を、と思っていたのですが、説明会でもらった書類などの荷物が多いのでとりあえず、滞在中乗り放題のトロリーを使って、ホテルにチェックインすることにしました。
私たちが滞在したホテルは「パシフィックビーチホテル(以降PBH)」。トロリーはハイアットリージェンシーの裏で止まり、そこから徒歩でホテルへ。この裏道からカラカウア通りへと抜けた瞬間!ごくうくんにとっての初めてのワイキキビーチ、椰子の木、開放感あふれる人、服装、なんとも言えないサンオイルの香り・・・これは感動でしょ。私たち夫婦は人間離れした奇声をあげるしかなかった(笑)だんだんと、テンションが上がってきます。私、日本では、ブタクサ花粉と風邪でかなり弱ってたんだよなぁ・・・そんなことが遠い昔に思えてきます。

ハワイワイキキビーチ

PBHに到着し、チェックインを済ませてエレベーターで29Fにある私たちの部屋へ。気になっていたラナイからの景色を早速チェック、OK!問題なし。右手下には一面に海が広がり、前方にはダイヤモンドヘッドがそびえ、思っていたよりイイかも。それに部屋も噂通り広かったのです。これならスーツケース2つ広げても問題ないです。荷物を確認して、一息ついたら、ごくうくんは眠くなってきてしまったようです。なんてったって、昨夜機内で一睡もしてないもんね・・・。でも、ここで眠ってしまったら当分起きられないし、せっかくの「昼間のハワイ」、1時間でももったいない!と私が説得したので、力を振り絞って、とりあえず、ワイキキ周辺(カラカウア通り)探索に繰り出したわけです。というのも、着いたらすぐに行きたい場所があったから。

ホテルの窓からのハワイワイキキビーチ

機内で軽く食べて以来、何も食べてないので、さすがにふたりともお腹の方が空いてきました。軽く食べよう、という事になり、テクテクとカラカウア通りを歩いていくと、「インターナショナルマーケットプレイス(以降IMP)」が目にとまり、ちょっとだけ雑貨でも見ようと思い、中をブラブラして(結局はTシャツ3枚購入)、奥へと進むと、ちょっとしたフードコートがありました。ここで軽く食事することになったのですがなぜだか、中華の「シーフードヌードル」というのを1人前とコーラのミディアム2つを注文。このシーフードヌードルがとてもおいしかったのです。透明のスープはしっかりと海の幸のエキスが染み込んでいて・・・。
さきほど、「すぐに行きたい場所がある」と述べましたが、そこは「ワイキキアロエ」。絶対に日焼けするから、日焼け後のアフタージェルを購入しておきたかったのです。ここではついでに、ココナッツの香りがする薬用リップを2本購入。
そこからルワーズ通りへ出て、7枚で1ドルという絵ハガキをGET。早くお札を崩したかたこともあるんですけどね。おつりは当然、コイン。事前にガイドブックなどでお勉強したつもりでも、やっぱり、コインの種類には戸惑います。(コインに慣れてきたな、と思う時、すでに遅し!もう帰る日だったりするんですよね)。
ルワーズ通りを抜けると、あの有名な高級ホテル「ハレクラニ」にぶつかり、そこの横道と通って、ビーチへと出ました。ピンクパレスを左手に海を右手に、サンダル片手に、砂浜を贅沢な気分でお散歩です。土曜日のせいか、早くから海沿いのバーではお酒を飲んでいる人が多いようです。みんなサンセットをねらってるんだな・・・。

結婚式を挙げた新婚カップル

一度ホテルに戻る頃には日も沈みかけていました。さて夜ご飯は何にしよう?いろいろとお店のことを調べてあたまに入れてきたつもりではいましたが、まるで試験の時のように、興奮と緊張も合わさって、いざという時に冷静に答えが出てきません(T_T)
日が完全に落ちたビーチでのフラダンスショーを見て、お散歩がてら「ロイヤルハワイアンショッピングセンター」に行き、ここで夜ご飯を食べることにしました。
ごくうくんはカニが大好きで、ハワイにきた目的のひとつに「カニを食べまくる」ことが挙げられています。初日だし少しリッチに、と思いカニとロブスターの店に入りました。
が、、、名前は出せませんが、ここの接客態度が最悪!!!味は申し分ないのに、あんな接客態度だったら、せっかくのお味もブチ壊し(怒)!店に入るなり、日本人と思われるお客は店の比較的端っこの席に案内され(周りがみんな日本人)、欧米の人たちは、ちょっとシャレたスペースがあって、そこに集中的に案内されていました。コレって差別じゃないかぁ!ごくうくんは姿形こそ日本人と変わりがないけど、タマシイはコッテコテの上海人ですので、さっそく、窓際へと席を変えてもらいました。(ズケズケと言えちゃう中国人がうらやましいぃ)。それに加え、注文したものがくるのに時間がかかりすぎ!前菜に頼んだサラダで軽く1時間。メインのステーキは?カニは?怒りに震えながら、もう限界!ウェイターを呼びつけ、残りの品を全部テイクアウトにしてもらうことにしたのです。お会計伝票を見てもチップ代が普通に加算されてるしね。チップってお客がサービスに対して払うもので、決めるのは私たちなのに!こうなるとあきれてしまうだけデス。どうやらオーナーはアジア系の人らしく、ごくうくんは、またそれに腹が立ったみたいです。同じアジア人を差別してどうするぅ~~~!
初日から何だか後味がよろしくない思いをしてしまい、少し残念。でもその後、ホテルのラナイで夜のダイヤモンドヘッドを見ながら、事実上の「カニとステーキ食べ放題」を開催できたことは、結果オーライ!で「これで良かったのかも・・・」なんて思えるほどでした。カニとビールで満腹になって、無事(?)に初日の夜は更けるのでした・・・。

次のページ「CHAPTER.3」へ>

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © スタジオゴクウ【美顔絵.COM】 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.